我が家の犬に何を着せたらいいのか知りたいんです!

どのような犬服を着せるのがよいのでしょうか

犬は平熱が高いので、暑い時節には通気性の良い布地のものが重宝します。冷房でおなかを冷やしてしまう犬もいるので、おなか周りにはちょっと気を配ってあげたいですね。それに、洗濯がしやすいというのも夏服を選ぶポイントです。ジャージ素材のTシャツで、色違いや柄違いのものを幾つか用意しておくと、便利ですね。冬は防寒着が必要です。体が小さい犬は特に気温の変化の影響を受けやすいものです。夏のケースと同様におなか周りを冷やさないようなセーターは必需品ですね。

雨が降っている時のお散歩に必要な洋服は何ですか

犬に洋服を着せる目的は様々ですね。寒さ対策、冷え防止対策などの実用的なものの他に、おしゃれをしたいということもあると思います。実用的で、かつおしゃれなレインコートが多くなってきましたね。ただし、レインコートの場合、特に歩きにくいデザインのものはNGです。雨の中を歩くことにストレスを感じないようなシンプルな形のレインウェアが最適です。ポンチョ型もおすすめです。特に大型犬のレインウェアとしては優れているので、利用するとよいでしょう。

我が家の犬のサイズに合う洋服を探したい

犬服で問題になるのは、服のサイズです。実際のお店でもほぼ試着はできないと考えた方がよいですし、ネットショップで買うのならなおのこと、自分の家の犬のサイズを知っておく必要があります。首回りと胴の長さ、おなか周りなどを予め測っておくとよいですね。ネットなどでは、S,M,L,2Lなどというサイズの表が多くの場合出ていますから、サイズ表を見て、自分の家の犬にぴったりの服を探します。小さめだと犬を圧迫することにもなりかねないので、サイズが中間に位置する場合には、大きめのものを購入するのがコツです。

犬に洋服を着用させることは、おしゃれやアクセサリー感覚で行うだけではありません。小型犬や短毛種の中には寒さに弱い犬種もいるため、犬の洋服によって寒さの対策を行います。